RSS
  • トップページ
  • カートを見る
  • マイページへログイン
  • 工芸茶のティートサイトご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

工芸茶と花茶 工芸茶の通信販売 ティートサイト

工芸茶は茶葉と花茶を組み合せて作られた中国茶です。

工芸茶と花茶ちがい

花茶は花やつぼみを乾燥させたもの(薔薇茶、菊茶など)や、茶葉に花の香りをつけたもの(ジャスミン茶など)を花茶といいます。1種類で淹れるほか、好みの花茶を組み合せて淹れて飲みます。

工芸茶は茶葉のみで作られているものと茶葉をベースに花と組み合せて加工されたものがあります。どちらの工芸茶も茶葉を一本一本丁寧にまとめ他の茶葉とは違いお茶の固まりになっている手作業で加工されたお茶です。茶葉はお茶を淹れる前はただのかたまりですが、お湯を注ぐと茶葉がゆっくりと開き茶葉の中から様々な花が咲くものが工芸茶です。

花茶・工芸茶の種類

花茶の種類は茶葉に花の香りをうつしたお茶やお花を乾燥させたものなどがあります。

有名なのがジャスミン茶。緑茶や白茶の茶葉にジャスミンの花の香りをうつした代表的な花茶です。ほかには薔薇、菊、千日紅、ユリ、マリーゴールド、キンモクセイ、ラベンダー、ハイビスカスなどの花を乾燥させた花茶です。菊茶は中国ではとってもポピュラーで、レストランで食事をする際、飲まれることが多いお茶です。

工芸茶は何通りもの種類があります。花の組み合せかた、数、種類、茶葉の形などさまざまで、茶葉が開いて花が咲いた様子によりそれぞれに茶葉の形に名前が付けられているのも特徴です。
※工芸茶の名前は生産工場で付けられていることが多く、同じ咲き方をする工芸茶でも名前が違うことがあります。

また花茶はお湯を注ぐ前から淹れたときの様子が大体わかりますが、工芸茶は見た目がただの茶葉のかたまりなのでお湯を注ぐまでどのような花が咲くのかはわかりません。お茶を淹れた時に、茶葉のかたまりからふわぁ〜っとお花が咲くとってもサプライズな演出をしてくれるのが工芸茶です。

工芸茶と花茶 工芸茶の通信販売 ティートサイト

工芸茶は茶葉と花茶を組み合せて作られた中国茶です。

工芸茶と花茶ちがい

花茶は花やつぼみを乾燥させたもの(薔薇茶、菊茶など)や、茶葉に花の香りをつけたもの(ジャスミン茶など)を花茶といいます。1種類で淹れるほか、好みの花茶を組み合せて淹れて飲みます。

工芸茶は茶葉のみで作られているものと茶葉をベースに花と組み合せて加工されたものがあります。どちらの工芸茶も茶葉を一本一本丁寧にまとめ他の茶葉とは違いお茶の固まりになっている手作業で加工されたお茶です。茶葉はお茶を淹れる前はただのかたまりですが、お湯を注ぐと茶葉がゆっくりと開き茶葉の中から様々な花が咲くものが工芸茶です。

花茶・工芸茶の種類

花茶の種類は茶葉に花の香りをうつしたお茶やお花を乾燥させたものなどがあります。

有名なのがジャスミン茶。緑茶や白茶の茶葉にジャスミンの花の香りをうつした代表的な花茶です。ほかには薔薇、菊、千日紅、ユリ、マリーゴールド、キンモクセイ、ラベンダー、ハイビスカスなどの花を乾燥させた花茶です。菊茶は中国ではとってもポピュラーで、レストランで食事をする際、飲まれることが多いお茶です。

工芸茶は何通りもの種類があります。花の組み合せかた、数、種類、茶葉の形などさまざまで、茶葉が開いて花が咲いた様子によりそれぞれに茶葉の形に名前が付けられているのも特徴です。
※工芸茶の名前は生産工場で付けられていることが多く、同じ咲き方をする工芸茶でも名前が違うことがあります。

また花茶はお湯を注ぐ前から淹れたときの様子が大体わかりますが、工芸茶は見た目がただの茶葉のかたまりなのでお湯を注ぐまでどのような花が咲くのかはわかりません。お茶を淹れた時に、茶葉のかたまりからふわぁ〜っとお花が咲くとってもサプライズな演出をしてくれるのが工芸茶です。