RSS
  • トップページ
  • カートを見る
  • マイページへログイン
  • 工芸茶のティートサイトご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

見て楽しい!飲んで美味しい!種類が豊富な工芸茶!

工芸茶-見てきれい!豊かなかおり!飲んでおいしい!多彩な組み合わせ!お湯を注ぐと花が咲く不思議な中国茶のひみつ

工芸茶とは、茶葉を細工し花を組み合せて作られた
「見て楽しむことができるお茶の芸術品」です。
中国茶や花茶はとても長い歴史がありますが、工芸茶はごく最近考案され、
中国茶のなかではとっても新しい中国茶です。
1980年代後半に中国安徽省で考案された中国茶で、
1990年代から一般に普及され現在では中国各地で作られるようになり、
福建省でも生産されている工芸茶が主流となっています。

ティートサイトの工芸茶は白茶や紅茶の生産地として有名な
福建省福安市で作られています。
茶葉で花を包む作業は、ひとつひとつすべての作業が手作業で行われます。
長さをそろえた茶葉を1本1本丁寧に集め紐で縛り、
茶葉の中に花を入れ小さく丸め種のような形になった茶葉を
丁寧に乾燥させて作られます。作業はとっても細かい作業で、
手間暇を惜しまず作られる高級茶の分類に含まれます。

中国国内で工芸茶は若い女性の間では、
カジュアルに楽しみながら飲めるお茶としてとっても人気があるんですよ!
また、中国茶はヨーロッパでも人気上昇中で、とくに工芸茶は
オリエンタルビューティーでオイシイお茶として人気を集めています。
咲く花の種類や花の咲き方によって名前が付けられています。

日本語で言う4文字熟語みたいな名前が一般的です。
たとえば「一見鐘情/イー ジィェン ヂョン チン」は
【一目ぼれ】という意味なんですよ!
とても素敵な意味を持つ名前が付けられているので、
ティートサイトではそれぞれの工芸茶の意味をページ内でご紹介しています!
工芸茶とは、茶葉を細工し花を組み合せて作られた「見て楽しむことができるお茶の芸術品」です。

工芸茶は多種多様

工芸茶は多種多様。工芸茶はすべて手作業で作られています。
工芸茶に使われている花はカーネーション、マリーゴールド、ジャスミン、ユリ、千日紅、菊などがあり花の香りを楽しむことができます。
工芸茶はすべて手作業で作られています。長さをそろえた茶葉を束ね、花を糸で結びつけて作られます。
束ねた茶葉の中に花を隠すように加工され、茶葉のかたまりの形は丸やハートなどの形に成形されます。
出来上った茶葉は1.5cm〜2cmの大きさのお茶のかたまりです。

工芸茶のベースの茶葉は緑茶、白茶、紅茶。一般的な工芸茶のベースの茶葉は緑茶が多く、
日本で販売されている茶葉も緑茶にジャスミンの香りをうつした茶葉が多いと思います。
ジャスミン茶の工芸茶は、緑茶や白茶の茶葉をベースに作られた工芸茶にジャスミンの香りをつけたものをいいます。
工芸茶の作られ方 工芸茶は一つ一つ手作業で作られます。茶葉は丁寧に一本一本まとめて木綿の糸で縛り形を整えます。この結びつけがうまく出来ていないとお湯を注ぎ花が開くとき茶葉が取れてしまうのでとても重要な工程です。 きれいに整えられた茶葉に花を一つ一つ縫いつけます。工芸茶に使われる花はとても小さくて花びらがとれないように糸を通すのはとっても大変な作業です。 きれいに成形された茶葉はじっくりと時間をかけて乾燥させます。ジャスミン茶の工芸茶は、乾燥させる段階で大量のジャスミンの花を使い何度も香り付けを行います。手間暇を惜しまずかけて出来あがった工芸茶です

商品ラインナップ

工芸茶の母の日ギフト。母の日にお母さんの笑顔を咲かせませんか?
ギフトセット 内祝いや結婚祝いに最適 プチギフト 内祝いの工芸茶を
内祝い名入れ彫刻ギフト
プリザーブドフラワー
ティーポット・カップ 茶葉・工芸茶

ページトップへ